友達の新しいネックレスはお婆さんのもの

この前仲の良い友達と久しぶりに会ってランチをしました。そのとき、友達はとても素敵なネックレスをしていたのです。正直な話、ラフな格好が多い友達はアクセサリーを身に付けることがあまりなかったのですよね。

でも珍しくつけていたので「そのネックレス良いね、どこで買ったの?」と聞いてみました。そしたら「実は祖母の遺品整理をしていたときに見つけたものなの」と教えてくれたのです。そう、友達のお婆さんが先日亡くなったのでした。

そのときに友達宛ての手紙と共にそのネックレスが引き出しの中にしまってあったそうです。お婆さんが大事にしていたもので、是非孫である友達にもそのうち付けて欲しい、と。友達とランチをしたあの日は友達のお婆さんの話をたくさん聞きました。

小さい頃は頻繁に会いに行っていたそうですが、成人してからはあまり合わなくなり、手紙や電話だけのやりとりの時期が長年続いていたそうです。会いに行ける距離だったのでもっと会いに行けば良かった、と後悔しているそうです。