ドローンを使った仕事について

超高齢社会を迎える日本において、田舎地域での過疎化がますます進む事は懸念されている状況です。
超高齢社会における人口減少社会では、人材の確保が急務となりますが田舎地域では特に難しくなる事が予想されます。
人材不足による物流網の弱体化は田舎地域だけでなく、都会でも同じような状況が起こります。
近い将来、IoTが普通な事になっていく上でドローンの活用が必須となります。
宅配便の業者が車を走らせて荷物を運ぶ時代は終わり、大きさは様々なドローンが街中を飛び回るようになります。
スマートフォンやパソコンで欲しい物を検索し注文する事により、当日中にドローンが田舎地域や都会の場所を問わずに荷物を届けるようになるでしょう。
人手不足という問題は既に日本が抱えてる問題であり、AIの研究も盛んになっています。
AIが搭載されたドローンが普及するのも近い将来なのかもしれないでしょう。