不倫の実質的な時効は3年!?

「不倫の時効」という言い方をしていいのかわかりませんが、不倫に関わる「慰謝料請求」などの処置は3年を過ぎたらできないと言われているようなのですよね。

ですから、もしも不倫をしてしまっても、3年を過ぎれば慰謝料を請求されたりだとか、そういったわずらわしいことはないーなんて思っていたら大間違いだったようです。

法律で定められている不倫ないし浮気行為に関するところは、「浮気ないし不倫の事実を知ってから3年間」となっているようなのですよね。慰謝料請求などを行使する場合の期限として、「浮気ないし不倫の事実を知ってから3年間」のようなのです。

と、なりますと、「浮気ないし不倫をしてから3年間」というわけではありませんからね。ですから、「わーい!不倫相手と別れてから3年が経ったからもうこれで時効だー!」なんて喜んでいると、ぬか喜びに終わる可能性もあるわけです。

後々に誰かしら自分ないし浮気ないし不倫相手と関わりのある人が、浮気ないし不倫の事実を知ってしまった場合、慰謝料を請求される可能性がありますからね。まあ不倫をする人が悪いのですが、ちょっとした注意は必要でしょうね。